3/9(金)は上海日本人学校虹橋校の卒業式でした。
高等部、中学部、小学部(浦東校)と続く上海日本人学校の卒業式のラストとなります。
切ない季節ですね。。。

この日、晴れて第1志望の日本の大学に合格・進学する塾生が日本へと旅立ちました。
折しも、最近の卒業ソングの定番ともなっている『3月9日』、まさにその日でしたね。

新たな世界の入口に立ち
気づいたことは 1人じゃないってこと

瞳を閉じれば あなたが
まぶたのうらに いることで
どれほど強くなれたでしょう
あなたにとって私も そうでありたい

 「3月9日」より 作詞:藤巻亮太


期待と不安の入り混じった何とも言えない気持ちであったことを私自身も懐かしく振り返ります。
当人も、たまたまこの日の出発になったことを大切にしたいと言っていました。

晴れて卒業する皆さんの新しい門出をお祝いします!